従業員の抱える問題にいち早く気づき、
改善や満足度向上につなげる

活用例1
離職対策に

技術部・田中さん(仮名)の場合

従業員の転職は大きな損失

企業が人材に対して行う投資は膨大で、社員に投資分の貢献をする前に転職されることは、企業にとって痛手です。今までの仕事のノウハウやデータを持ち出されれば、企業財産の損失にもなり得ます。

業務状況を分析してみたら……

転職の兆候を発見!

田中さんは、業務の合間に転職サイトの閲覧、転職エージェントとのアポイントなどをしていたようです。
また田中さんのファイル移動ログから、田中さんが関わった業務のファイルを大量に持ち出している形跡がありました。
これらのことから、田中さんは転職先に現在の仕事のノウハウを持っていこうとしている可能性があると考えられます。他社に情報を持ち出すことは、企業としての損失につながるために規約違反となる場合があります。

どう対応する?

「やる気」を無駄にしない環境づくり

田中さんが転職しようとしていることが事前に分かれば、田中さんの意欲を汲み取り、自社内でステップアップできる道筋を提示することで、人材損失防止ができる可能性はもちろん、規約違反の検知・防止にもつながります。

活用例2
適切な労務管理に

総務部・井上さん(仮名)の場合

残業を減らしたい

働き方改革というワードが飛び交い、多くの企業がより働きやすい会社を目指して活動しています。例えば残業に関して目を向けると、残業時間が長いということは、企業としては残業代というコストだけではなく、企業ブランドにも影響が出ます。
そんな中で、単純な仕事量の問題ではない残業が発生している場合があります。

業務状況を分析してみたら……

仕事ではない理由で残業している?

総務部の井上さんが毎日定時を過ぎた夜遅くまで端末を操作していることがわかりました。そこで詳しく定時後の操作ログを見てみると、どうやら業務に関係のないサイトを繰り返し閲覧していたようです。

どう対応する?

適切な指導で改善を促す

このような状況を把握することで、指導による改善はもちろん、システム的な対策も実施することで社員の無駄な残業防止を促すことができます。

活用例3
メンタルケアのサポートに

営業部・橘さん(仮名)の場合

社内の人間関係への目配り

企業の財産である人を守るためには、設備的な働きやすさだけではなく、各個人のメンタル面にスポットを当てた働きやすさも大切な要素です。
営業部の橘さんは上司と馬が合わないらしく、毎日のように残業しており、近頃元気がないと噂になっていました。
本人も社内では口に出しませんが、上司や同僚との付き合い方や、見合わない仕事量によるストレスに悩んでいました。
しかし、それを誰かに話すことができず、相談する窓口や対策を調べても具体的な解決策が見つからず、転職も考えていたようです。

業務状況を分析してみたら……

メンタル面の問題がありそう

このような橘さんのログを実際に分析してみると、業務の合間にメンタルチェックなどの診断を受けたり、「社内 人間関係」といった検索ワードで心の病について調べたりしていました。

どう対応する?

会社として悩みをサポート

こうした状況を人事部門の担当者が知ることで、橘さんが誰かに直接相談しなくても、企業が契約している外部窓口の案内や、部署の異動など事前の対応を通して悩みをサポートできます。
社員のメンタル的な疲れを可視化することにより、仕事の運用の改善や、人材の損失を防げる可能性につながります。


Page
Top