導入事例

サントリーシステムテクノロジー株式会社

複雑化し負荷が増大するインフラ運用をOSSの構成管理ツールAnsibleで自動化する

  • 基盤サービス部 マネージャー 山門 亮太 氏
  • 基盤サービス部 主任 石橋 浩平 氏
  • 基盤サービス部 主任 宮原 優 氏

Before

  • 増大する業務負荷
    多くのグループ会社のインフラ運用・管理を担当し、作業工数と業務負荷が年々増大していた。
  • 不備やミスの発生
    手順書の不備や人の作業でのミス発生で、さらに作業工数が増えてしまう傾向があった。
  • 運用の複雑化
    仮想化の増大、クラウド環境の進展でインフラ環境が複雑になり、運用の難度と手間が増大している。
  • コスト問題
    新たなソリューションを導入しても、コスト負担が大きくなったり、導入時にメンバーの負荷が高まっては本末転倒になる。

After

  • 業務負荷の削減
    パッチ適用をはじめ、サーバー作業を自動化することで作業工数を大幅に削減でき、メンバーがより付加価値の高い業務に専念することが可能に。
  • ミスの防止
    事前に定義された処理を自動実行することで、人のオペレーションミスを防止できるようになる。
  • 複雑環境の一元管理
    オンプレミスとクラウドの混成環境においても、構成管理を一元的に管理、自動化することが可能になる。
  • 安易な導入
    エージェントレスで導入のハードルが低く、OSSのためライセンスコストが発生せず、シンプルな定義形式で学習コストも低い。

その他の導入事例を見る

  • BPOサービス業 A社様

    OSSの構成管理ツールAnsibleを習得し、Windows 10への移行を自社で完結


Page
Top