ライトウェルブログ

2019/05/154月17日セミナーレポート(AnsibleによるPC自動展開)

こんにちは!

ライトウェルで営業マネージャーをしております小林と申します。
「テクニカルなことは分からないので、営業はブログが書けない!」と逃げておりましたが
「セミナーレポートくらい書けるだろう!!」とSEメンバーから追い込まれまして・・・初めてブログを投稿することになりました。
今後も追い込まれてブログを投稿する機会があると思いますので、是非お読み頂けると頂けると幸いです。

さて、4月17日にアセンテック社とライトウェル合同でPCの自動展開に関してのセミナーを開催いたしました。
今回のブログでは、セミナー内容やご来場頂いたお客様の反応をご紹介したいと思います。

セミナー内容

◆セミナータイトル◆
Windows7サポート終了迫る!自動化ツールと先進ハードウェアで
Windows10展開・運用を容易に。

◆セッション内容◆
①Windows10への切り替えをスピーディーに低コストで!AnsibleによるPC展開自動化!
株式会社ライトウェル
②PC運用管理の間を大幅に削減するには
アセンテック株式会社

弊社セッションではWindows10への切り替えに悩みを抱えている企業に対しスピーディーかつ正確にPCのセットアップを行う手法として”Ansibleによる自動セットアップ”をご紹介しました。

Ansibleと聞くとLinuxのイメージが強いですが、AnsibleはWindowsでも利用することが可能です。「そもそもAnsibleって何?」と思われた方はこちらをご覧いただければと思います。

ご来場いただいたお客様は?

大半のお客様は自社でPCセットアップを行っている・計画しているという企業の方でした。
・社内リソースが足りず、Win7サポート切れまでに切り替え完了が難しい
・オペレーションミスが多い
等の課題をお持ちで、楽に正確に そして低コストでPCセットアップを行う方法を模索されている中で今回のセミナーを知りお申し込みいただいたそうです。

一方でPCセットアップをアウトソースしている企業の方もいらっしゃいました。
PCセットアップをアウトソースしている=手間が掛からないと感じますが来場された方のお話を聞きますと、
・アウトソースのコストが高い
・数台のセットアップだと単価が高いので纏まった台数の展開以外は自社で行う
(結局手間がかかる)
・PCキッティング業者のリソース不足で納期が長い
・オペレーションミスが多い
・セキュリティポリシー上、社内LANに繋げてから行う作業は自社で行う
等々アウトソースしていても、実は様々な課題を抱えていらっいました。

ライトウェルでは上記のような課題をお持ちのお客様に対してPCセットアップをAnsibleでコード化し内製化する方法をご紹介いたしました。

セッションでお伝えした内容

———————————————

・AnsibleではPCセットアップに関する各作業を一気通貫で実行
・ネットワークさえ繋がっていれば何台でも並列実行が可能
… PCセットアップを自動実行、複数台まとめてセットアップ
・端末ごとに違う設定はAnsibleのDynamic Inventory機能を活用
… エクセルを使って変数ファイルを生成し、簡単にホスト固有値を設定
・AnsibleのPlaybookは手順書かつ、そのまま手順書を実行できるプログラムでもある
… ansible-playbookのコマンドが実行できれば、誰が実行しても同じ結果になる
・WDSでクローニング作業も内製化
… セットアップに必要な操作はPCの電源ONしてネットワークブートさせるのみ

◎OSのインストール部分はWDS、OSのコンフィグレーション部分Ansible
⇒ それぞれ役割に応じた作業を自動化させることにより
ゼロタッチでPCの展開・運用業務を可能にすることができる

 

———————————————

このようにAnsibleを使えば
アウトソースするより安価に・手動より早く正確にPCセットアップを行うことが出来ます。
ライトウェルではAnsibleでPCの自動セットアップを行いたいお客様に対して
スタートアップサービスや導入後の技術支援サービスを行っております。
こちらも以下サービスサイトでご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

スタートアップサービス・運用支援サービス

また、Ansibleを習得して5,000台のPCセットアップを内製化した
事例を公開しておりますので合わせてご確認いただければと思います。

BPOサービス業/構成管理ツールAnsibleを習得しWin10への移行を自社で完結

以上、最後は(営業なので)宣伝になってしまいましたが
Windows10への切り替えで課題をお持ちのお客様は
お気軽にお問い合わせいただければと思います。

本記事に関連するライトウェルのサービスサイトはこちら(サービスサイトへ)

トップページに戻る